年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

公的年金の「国民年金」と「厚生年金」はどう違うの?

A

国民年金は、原則20歳以上60歳未満のすべての人が加入する公的年金です。働き方にかかわりになく、国民年金には強制的に加入します。一方、厚生年金は、会社員や公務員など、雇われて働く人が、国民年金と同時に加入する公的年金です。70歳未満で雇われて働く人は、原則として、厚生年金に強制的に加入しますが、労働時間が短い場合や従業員5人未満の個人事業所で働く場合など、強制的な加入対象とならない場合もあります。

一定期間の保険料納付を条件として、老後には、国民年金から老齢基礎年金、厚生年金から老齢厚生年金が支給されます。国民年金の加入期間しかない場合は、老齢基礎年金だけが支給されます。一方で、厚生年金の加入期間もある場合は、老齢基礎年金に加えて、老齢厚生年金が支給されるため、年金額はより大きくなります。

年金制度、ちょっと勉強してみませんか。

教訓イメージ