年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

公的年金保険料を一度も払っていない人は公的年金を受け取ることができるの?

A

国民年金には保険料の免除制度があり、年金事務所や市区町村の窓口で手続きを行うことにより、年金額に反映させることができます。

①経済的に保険料が納められない方への「申請免除」
②50歳未満の方に「納付猶予」
③学生さんに「ガクトク(学生納付特例)」
④生活保護や障害年金を受け取っている方の「法定免除」

※②③については、老齢基礎年金額に反映させるためには保険料の追納が必要
また、厚生年金の被保険者に扶養されている専業主婦等は保険料の支払いは不要ですが、国民年金保険料を納付した場合と同じように年金を受け取ることができます。

年金を知ると知らないでは大違い。

教訓イメージ