年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

災害等で公的年金保険料を支払えない場合はどうなるの?

A

災害等によって被災し、一定の損害(住宅、家財等の財産のうち、被害金額がおおむね2分の1以上)を受けた場合には、本人からの申請により、国民年金保険料の納付が一定期間免除されます。免除された期間の老齢基礎年金額は2分の1になりますが、10年以内であれば追納することで年金額を増やすことができます。また、厚生年金の保険料についても、事業所が同様の損害を受けた場合に、事業主の申請により納付を1年程度猶予することができます。詳細については、お近くの年金事務所にご確認ください。

年金を知ると知らないでは大違い。

教訓イメージ