年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

強制適用事業所で働く従業員は厚生年金に加入しますが、事業主も厚生年金に加入するの?

A

強制適用事業所とは、厚生年金保険への加入が義務づけられている事業所で、主に法人と個人事業所に区分されます。その中で、株式会社である法人については、社長である事業主であっても、法人から報酬を受けているのであれば、70歳までは厚生年金保険の加入の対象になります。つまり、「法人の代表者または業務執行者」であっても、「法人から労務の対償として報酬を受けている者」は、厚生年金保険と健康保険の被保険者資格の取得が必要になります。一方で、法人化していない個人事業所の事業主については、厚生年金保険の加入の対象にはなりません。

年金を知ると知らないでは大違い。

教訓イメージ