年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

65歳以上の人が働きながら年金をもらうことができるの?

A

65歳以上の人が厚生年金保険の被保険者となって働き続ける場合、在職老齢年金による年金の支給停止が行われる場合があります。ポイントとなるのは、老齢厚生年金の月額(基本月額)と給与・賞与を合わせた直近1年間の年収の1カ月分の額(総報酬月額相当額)です。この2つの額を合わせて基準額である47万円(令和3年度額)を超えなければ、年金の支給停止はなく、全額が支給されます。一方、47万円を超えてしまうと、超えた額の半分が支給停止となります。ただし、国民年金から支給される老齢基礎年金や加算などは支給停止の対象とはなりません。
なお、在職中に年金が支給停止となった場合でも、厚生年金保険の加入期間が延びますので、退職後等の年金額は再計算され、その分増額することになります。

年金の仕組みを知ることは、未来の自分を知ること。

教訓イメージ