年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

遺族年金はいつまで支給されるの?

A

遺族年金には、国民年金からの遺族基礎年金と厚生年金保険からの遺族厚生年金があります。遺族基礎年金は、国民年金の被保険者の死亡時等に生計を維持されていた「子のある配偶者または子」に支給されます。ただし、該当する子の要件は原則18歳到達年度末までの子になるので、遺族基礎年金の支給期間もそれまでの期間です。

一方、遺族厚生年金は、厚生年金保険の被保険者や受給者等が死亡した際に支給されるものです。遺族の範囲は、配偶者(妻・夫)、子、父母、孫、祖父母です。このうち、子と孫は原則「18歳到達年度末まで」であり、夫、父母、祖父母は55歳以上で支給は原則60歳から終身となっています。妻については、30歳未満の場合は5年間の有期年金ですが、30歳以上の場合は、再婚等で権利を失わない限り、終身で(一生涯)支給されることになっています。

過去は変えられない。でも未来の老後は自分次第。

教訓イメージ