年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

生活保護を受けている人は年金をもらうことができるの?

A

生活保護を受けている方でも、年金の受給要件を満たせば、年金を受給することができます。逆に、老齢年金、障害年金、遺族年金などを受給している方でも、他の収入と合わせて、最低限度の生活を営むことができない場合は、生活保護を受けることが可能です。

ただし、生活保護では、世帯収入が国の定める最低生活費に満たない場合に、最低生活費と世帯収入の差額が保護費として支給されます。年金収入は、その全額が世帯の収入と認定されるため、年金額の分だけ保護費が減額されることになります。

一方で、生活保護を受給している方が新たに年金を受給できるようになり、その年金収入と他の収入を合わせて、世帯収入が最低生活費を超えるようになった場合など、保護が廃止される可能性もゼロではありません。

長い引退後生活、あなたは収入について考えたことはあるか。

教訓イメージ