年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

20代が公的年金に対して心がけておくことは何?

A

20歳になった国民はみな「国民年金」に加入することが、公的年金制度で義務づけられています。制度に加入して年金保険料を支払うことで、老後の生活を支える「老齢年金」や、障害を負った時に給付される「障害年金」などを受ける権利が得られます。それらの給付を確実に得るために、20歳になったら保険料が「未納」とならないよう、心がけておくことが大切です。未納を続けていると、年金額が減ったり、全く受け取れなくなったりするからです。収入がなかったり低かったりする場合は、保険料免除や猶予の仕組みがあります。学生には「学生納付特例制度」という支払い猶予の仕組みがあるので、調べてみてください。

20代で会社に勤め始めた人もいるでしょう。日本の年金制度は2階建てで、会社員は国民年金に加えて「厚生年金」にも加入します。自分がどの制度に加入して、どんな給付を受けるかを知っておくことは大事です。年金は遠い老後のことと思われがちですが、受給額や受給資格には現役時代の働き方が大きく影響しますから、年金の基礎を学ぶことをぜひ心がけてほしいと思います。なお、制度に加入すると、毎年1回、誕生月に日本年金機構などから「ねんきん定期便」が届きます。必要な年金情報が記載されていますから、これを見ることも心がけてみてください。

あなたの老後設計、それは二十歳から始まる。

教訓イメージ