年金あれこれQ&A〈年金格言付〉

Q

公的年金資産の運用はどのようにおこなわれているの?

A

日本の公的年金では、ある時点の年金給付に必要な財源は、その時点の現役世代の負担する保険料および国が租税から支出する国庫負担によって賄われます。ただし、過去の保険料のうち年金給付に充てられなかった部分が積み立てられており、その運用収入も年金給付の財源の一部となっています。年金積立金の管理・運用は、厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によって行われます。分散投資が基本となっており、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式の資産構成割合を定めて、それに基づいた資産運用を行っています。ただし、実際にGPIFが直接運用するのは、国内債券の一部のみであり、その他は信託銀行や投資顧問会社に運用を委託しています。運用収益は、金融市場の状況によって大きく左右され、短期的にはマイナスになることもありますが、長期的には安定的な収益をあげています。

年金制度、ちょっと勉強してみませんか。

教訓イメージ